パソコン
  • ホーム
  • 中古ドメインの売買workと集め方について

中古ドメインの売買workと集め方について

中古ドメインは売買しやすいデジタルデータでもあるのでさまざまな業者が参入してきています。
特に増えてきているのがアルファベット順でのドメインではなく、ドメイン自体の価値を売りにしている売買サイトです。
中古ドメインは集め方はいろいろあり、働き方もさまざまですが、重要なことは高値で売れるドメインを見つけることです。
毎日のように期限切れのドメインがありますので目を凝らして買い漁ることになります。
買ったドメインについては有効期限がありますから維持費で赤字にならないように転売を急ぐことになります。

ドメインの集め方はいろいろあり、個人から買う場合もありますし、期限切れを早い者勝ちで買い漁ることもあります。
中古ドメインは集めたあとで価値の算出が行われることが多いです。
サイトの価値は検索サイトでの価値とバックリンクの数によりますのでそれぞれチェックしていきます。

検索サイトでの価値の調べ方としてはドメイン検索を利用します。
ドメイン検索を行うとインデックスされている記事が出てきます。
上位にあるほど高い順位で表示される記事であり、サイトの価値を示しています。
インデックスされた記事が多いほど価値が高いですし、カテゴリが安定している場合は特に特定のカテゴリで強さがあると考えられ、高値がつけやすくなります。
逆にインデックス化されている記事が少なかったり、なかったりする場合はアルファベットの並び順くらいしか価値がない場合もあります。

また、ブラックリストに載っている可能性もあるのでメールアドレスのブラックリストチェックサービスを使って調べることができます。
また、アダルトで利用されていたドメインかどうかもドメインの履歴を見るサービスを使ってチェックします。
これらの情報はドメインの価格を決める際に重要な指標となります。
もっとも高値がつくのはインデックスの数が多いサイトになります。

次にバックリンクについても調べます。
バックリンクはサイトとSNSと2種類ありますが、どちらもチェックすることができます。
サイトのリンクについては専用サービスを利用します。
その際、実際にリンク元をチェックしておくことが必要です。
リンク元についてはツールで作られていないかを確認し、さらにスパムなどのサイトからのリンクでないことを注目します。
SNSでのリンクについてはSNSでドメイン検索をすれば出てきますし、リンク元のチェックも同様に行います。

関連記事