パソコン
  • ホーム
  • biglobeで圏外の中古ドメインに価値はあるか

biglobeで圏外の中古ドメインに価値はあるか

中古ドメインは取得前にいろいろと調査すること必要ですが、その一つが検索サイトでの検索結果です。
biglobeやGoogleで実際にドメインで検索してみてサイトの価値を判断することができます。
検索した後で検索順位が高い方を選ぶなど重要な指針となります。
ただし、あまりに古い場合は圏外になってしまう場合も多いので注意が必要です。
また、圏外になった理由がスパムサイトとして認定されている場合も要注意です。

ウェブサイトは正しいサイトばかりではありません。
隠し広告やウイルスなどを仕込んでいるサイトも残念ながらあり、そのようなサイトは検索サイトで除外されるのです。
圏外にある理由がスパムサイトとして認定されているかは判断しづらいので別な情報をチェックします。
スパムサイトやウイルスサイトをまとめたサイトやサービスが登場しています。

また、ウェブサイトではなく、スパムメールのドメインとして認定された場合も除外される傾向があるので両者をチェックします。
このチェックについては中ドメインだけではなく、新規のドメインであっても同様に調べておくほうがよいです。
中古ドメインとして再利用されるドメインはごく一部であり、ほとんどは利用者なしで新規扱いになります。
ドメイン取得サービスのほとんどは新規ドメインと中古ドメインをわけないので取得するドメインが決まったら利用実績を調べておくほうがよいです。
過去の情報が悪いサイトは新規でいくら素敵なコンテンツを入れても検索順位が上がらない場合が多いからです。
また、メールのブラックリストに入っている場合はメールを受信してくれないプロパイダがあったり、スパムメールとして振り分けられることが多くなります。
企業での利用では特に注意したいポイントです。
日本向けのドメインであってもこのような危ないドメインは多数存在しています。

中古ドメインを調査していざ利用することになったら2つのポイントをさらに注意しておくとPVなども安定すると言われています。
1つはスマホとPC両対応することです。
グーグルでは両対応することを求めています。
検索順位で差別化されてきていますのでしっかりと両対応させておきたいところです。
また、スマホについてはPCと同一のコンテンツにしたいところです。
CMSやCSSを使えばレスポンシブルデザインは組みやすいですし、見た目も良くなります。

2つめはコンテンツです。
ドメインばかりがよくても中身がなければ効果はほとんど出ません。

関連記事